あいおいニッセイ同和損保の賃貸住宅用火災保険

更新日:2018年1月13日

あいおいニッセイ同和損保の賃貸住宅用(マンション・アパート用)保険は「タフ・住まいの保険」と名付けられています。補償を限定したエコノミープラン、中間に位置するベーシックプラン、補償範囲が広く設定されているワイドプランの3つが用意されています。そんな「タフ・住まいの保険」の口コミと評判をご紹介中です。

商品名 タフ・住まいの保険
公式サイトの解説 こちら
同社の他の保険 戸建て向け火災保険
分譲マンション向け火災保険
店舗オフィス向け火災保険

口コミと評判

●●我が家は賃貸住宅に入居しています。何度か引越しをしていますが、入居の際にほぼ強制的に、マンション管理会社が提携している保険に加入することになります。ただ、住宅総合保険としてパッケージされているので、マンションの構造や家族構成の違いによって、数パターンのプランしか用意されていません。

実際にどんな災害や過失があるかわかりませんし、どれほどの費用が必要になるか見当がつかないので、パッケージのままの保険金額で加入すれば良いのですが、どうしても、我が家には家財の補償が多すぎるように感じました。

そこで、保険代理店の担当者の方に電話で相談し、家財の保険金額を下げたプランを作っていただいたところ、若干ですが保険料も安くなりました。

大したことない保険料の為の見直しにもかかわらず、代理店の方はとても丁寧に対応をして下さいました。大した差額ではないですが、2年契約で数回更新すれば、それなりの差額になるので、少し手間をかけて良かったと思っています。

●●賃貸住宅に住んでいると契約時に求められる保険の加入ですが、自分はこれまで二年契約で火災保険を更新してきました。しかし、どうにもその内訳を見てもピンとこず、「果たしてこの保険料は我が家にとって適正価格なんだろうか…?」と、思うようになりました。

そこで、更新時にこちらから連絡をとって、事前に日取りを決めて窓口まで出かけて行き、理解できるまでその内訳内容を伺ってから、保険内容で必要なものとそうでないものを選んで更新契約を交わしました。

最初の頃は割と担当の人におまかせでしたが、ここ最近は保険自体が掛け捨てなこともあって、なるべく必要最小限の内容でまとめてもらうようにしてもらってます。

実際のところ、不慮の事故というのは、日常的にそんなに多発するものではありません。かといって、いざ直面した時に困らないようにかけておくのが保険です。結局は「自分に必要不可欠な補償は何か」という点さえおさえておけば、自ずと、どんな内訳で保険に加入しておくべきか見えてきます。

とはいえ、この見えてくる内容を把握するには、やはり担当の人と直接説明を受けながら相談して決めていくのが一番早道だと思いました。面倒ではありますが、わからないところでも親切に教えてくださるので、時間をかけて納得のいく保険に加入するべきだと思っています。

●●私は関東に住んでいるのですが、東日本大震災の数か月後、引っ越しをする事になり、お部屋探しを始めた時の話です。保険に詳しくない私は、賃貸・分譲にかかわらず、災害保険には全部入るものだと思っていました。

お部屋探しをしていく中で、私が見せていただいた物件すべてに、火災保険はあるものの、地震保険がない事が不思議でなりませんでした。震災の影響なのかななんて、よくわからない事を思っていました。

そして、自分なりに少し調べみました。保険に疎い私にはよくわかりませんでしたが、私でもわかった事を書いてみようと思います。

地震保険は主に、マンションの持ち主が建物の補償として入る物で、私達部屋を借りている人は入っていない事が多いそうです。ですが、入る事も可能だそうで、その場合、火災保険とセットで入る事になるんですね。マンション自体は自分の持ち物ではないので、私達が地震保険に入った場合は、家財が補償の対象になるそうです。

ただ、高額な宝石や美術品などは、補償の対象にはならない事もあるそうです。そんな高額な物、うちにはないので、関係ないのですが…。

それでも、テレビ、パソコン、冷蔵庫だけ考えても、買い替えとなるとすごい金額ですよね。それが補償されるなら…と思ったのですが、調べてみると、使っている物の現在の価値で補償額も変わってくるらしく、やはりうちにはそんなに必要のない物のように思えます。

とりあえず、「夢のまた夢のマイフォームが現実になった頃に改めて考えればいいや」という結論に達しました。保険って難しいですね。私のような人にもわかりやすくなるといいなと思いました。

●●一人暮らしをしているときに下に水漏れ事故を起こしてしまいました。洗面所から漏れた出た水が下に伝わって、下の階の壁紙が水で濡れてしまっていました。保険会社に連絡をすると、すぐに保険会社の人が見に来てくれました。

不動産業者の方も見に来たのですが、不動産業者の方は対応が悪く、かえって保険会社の人の方が対応が丁寧でした。工事も支払いもすぐに手続きされました。はじめて連絡してから2週間程度ですべて終わったと思います。私がやったのは届いた書類に捺印して、返送するだけでした。

下の階の人がそんなに怒っていなかったこともあり、もめなかったので話の流れもスムーズでした。保険会社の担当者の人とも、最初の連絡の時と最後手続きが完了した時ぐらいしかやりとりはしませんでした。不動産業者の見積もりが過剰だったので値段を下げたというような話はしていました。

あいおいニッセイ同和損保の火災保険は、自分で特に選んだわけではなく、賃貸物件だったので不動産の人に言われて入った保険です。そのわりに対応は悪くなかったのでよかったと思います。それでも自分が保険内容のことをあまり理解していなかったので、内容をよく理解しておく必要があると思いました。

火災保険はほとんど示談交渉がついていないので、この場合、下の階の人ともめても、自分がなんとかしないといけなかったわけです。

●●以前は引っ越し時に不動産会社指定で言われるがままに入っていました。ある時、普通の保険の外交の方がこられて、賃貸でも火災保険は個人で変更できると聞いて、あいおい損保に変えました。最初、不動産契約時に入っていたのは高かったのですが、これが普通で皆さん不動産指定の保険に入るのが当たり前だと思っていたので、高くてもしかたないのかなという感じでした。

変更時見積もりで驚きました。こんなに安いんだ!安くなるんだ!と。以前の3分の2でほぼ同じ補償だったのですぐに契約を変更しました。もっと早くに知りたかったと思いました。契約時にも行員の方と直接会って話ができて、とても親切で丁寧に教えてくださり、安心感がありました。不動産の火災保険は高いと言われているようでした。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ