損保ジャパン日本興亜の賃貸住宅用火災保険

更新日:2018年1月13日

損保ジャパン日本興亜の賃貸住宅用(マンション・アパート用)保険は「THE 家財の保険」と名付けられています。賃貸住宅のためだけに作られた専用の保険であるため、賃貸住宅で起こりがちな様々な損害や損失をカバーすることができるように補償内容が設計されています。そんな「THE 家財の保険」の口コミと評判をご紹介しています。

商品名 THE 家財の保険
公式サイトの解説 こちら
同社の他の保険 戸建て向け火災保険
分譲マンション向け火災保険
店舗オフィス向け火災保険

口コミと評判

●●賃貸住宅に入居されてる方であれば、ほぼ100%不動産屋指定の何かしらの保険に入ってます。契約時の書類に「保険料1,600円(2年)」とか火災保険と記載してあるはずです。大抵の人は賃貸契約の更新時に更新料と共に、保険の満了期間から先の保険料を支払います。

ここで私には疑問が生まれました。無保険は怖いがこの保険料は必要で妥当なのか?保険会社を選ぶ事はできないのか?と思い、実際に行動したお話です。結論から申しますと自由に保険会社を選ぶ事ができて保険料も下がりました。

いくつか条件があったのですが大まかに言うと、不動産屋が推奨している保険の補償内容をカバーしているという事です。建物の価値などから一定のラインを引いてるようです。地震や津波などの被害が補償されないプランも多く、自分で自由に内容を吟味するのも大事な事だと思いました。

気を付けなければいけないのが、2重で契約すると保険がおりない場合があるので、既に不動産屋推奨の保険に入っている場合は新しい保険との空白期間を作らないようにして解約しましょう。古い方の保険の未経過期間の保険料は返金されるので安心してください。一括見積もりのサイト等もあるので、比較的容易に行動できました。

●●新築賃貸マンションに引越した際、火災保険加入が必須だったので言われるがまま提携の保険に加入しました。二年更新で二万円ほど。特に気にしていなかったので高いのか安いのかわからず更新になりかけた時、上の階でボヤ騒ぎがありました。

私の部屋には直接的な被害がなかったので良かったのですが、実はその部屋主は入居後に解約し無保険になっていました。直下の部屋は水浸し、自宅の壁が焦げたのを自腹で払う払わないと管理会社と大モメ。いい機会だと思い、火災保険の見直しをする事にしました。

まずは、インターネットで補償内容の違いについて調べてみた…が、サッパリわからない。困ったので今度は口コミサイトで評判の会社を幾つかピックアップし、資料を請求してみようとリストを作成。ふと、損保ジャパン日本興亜の「THE 家財の保険」と言うのが目に入りました。

なんと保険料が今の半分以下。TVCMで会社の名前を知っていたので親近感も手伝ってここに即決。契約に当たっては家の近くに代理店があり、尋ねると親切に内容の説明をしてくれアドバイスももらえました。結果、五年契約(途中に引越ししても良い)で最低限ケアできるものを作成してもらいました。

その後、出産のために引越ししましたが電話一本で内容の変更ができ、保険料が跳ね上がる事もありません。現在も納得して入っています。

●●賃貸マンションの契約をする時に火災保険加入が条件でした。そこで、不動産会社が提携しているという損保ジャパンで火災保険に加入することになりました。

不動産会社から書類も手渡されてよく読むと家財にも補償が付けられるコースがあったので、万が一に備えて建物と家財の両方を対象にすることにしました。書類に記入捺印して、不動産会社に書類を渡し、しばらく経って保険証書が送られてきました。

先日、部屋の模様替えをしていた際に、手が滑って鏡を割ってしまって、初めて損保ジャパン日本興亜のサービスセンターに電話しました。何をどう話していいのか不慣れな私に、サービスセンターの方はお怪我はありませんかと優しく話しかけてくださってうれしかったです。保険金の支払いもスムーズで安心しました。

●●賃貸でアパートを借りるとき、ほとんどの方は「火災保険に入ることが条件」となっているではないでしょうか。それも、契約するときに不動産屋さんや管理会社から「ここで扱ってるよ」と言われたので、紹介された保険会社でそのまま契約している方が多いのではないかと思います。私もそうでした。

でも、紹介された保険会社とそのまま契約するのが本当におトクなのか、考えたことはありますか?火災保険はほとんどの損害保険会社が取り扱っていますので、まずは見積もりを取って比較することが大事です。

ただ、どの保険会社がいいのか、よく分かりませんよね。私は自分の車の保険を契約している保険会社に話をしてみました。自動車保険も火災保険も、同じ損害保険。自動車保険の担当者に連絡を取ると、あっという間に見積もりが完成。結果、不動産屋さんから紹介された保険会社より、割安に契約することができたのです。

「紹介された保険会社以外と契約するのは気が引ける」という方もいると思いますが、心配いりません。必要な補償が受けられる契約を結んでいれば、不動産屋さんは気にしませんよ。

●●数年前、お風呂を溜めている際に寝てしまい、水が漏れ、下の階にまで水漏れ被害を出してしまいました。どうしようと焦っていたときに保険の事を思い出し、連絡してみました。

コールセンターの方は落ち着いた声で丁寧に対応して下さり、こちらがパニックを起こしていたにも関わらず、分かりやすく何度も説明してくださり、落ち着いて対処出来たことを覚えています。

その後、保険がきちんと降りるとの事で3日ほど経った頃でしょうか。きちんと入金されていたので、修理費等も保険のお金で払うことができ、大変助かりました。台風等の雨漏りの補償が降りることは知っていましたが、自然災害だけではなく自分のミスでの水漏れもきちんと対応して頂き、とてもありがたかったです。

●●自分自身が加入をしていた保険ではなく、不動産会社勤務の私が関わった、管理物件の入居者様が火事で補償を受けた際のお話です。

その方は、カセットガスボンベを処分するために、キッチンのガスコンロの近くでガスボンベに穴を開けたところ、ボンベからコンロに引火してしまい、炎が天井まで上がり、アパートのキッチンの照明や天井などを焦がしてしまったのです。

お客様から連絡を受け、すぐに加入している保険会社に連絡しました。保険会社の担当の方は、その日のうちに当社社員と入居者様立会いの元、現場確認を行ってくれ、見積りも翌日には頂けました。

フットワークの早さはもちろん、対応の丁寧さにも驚きました。私たち不動産業だけではなく、一般の方にもとても分かりやすく補償の内容を説明していただきました。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ