地震保険

当ページでは、地震や津波などによる損害を補償するための地震保険の解説と、過去に日本で発生した大地震のご紹介をしています。地震保険に関しては当ページの前半で、大地震に関しては後半で取り上げています。

また、三井住友海上や東京海上日動などといった大手損害保険会社をはじめとした、10社以上の火災保険の見積もりが取れる『火災保険一括見積もりサービス』もおすすめです。もちろん地震保険も併せて加入することができますので、これから新規契約を考えている方も、見直しを検討している方も、ぜひ使ってみてください。

地震保険とは

住宅用の保険としては火災や落雷などといった幅広い災害の補償をしてくれる「火災保険」が非常に有名で、持ち家でも賃貸でも、ほとんどの方が加入しています。様々な自然災害に加えて、盗難や突発的な事故による損害、更には日常生活で発生する可能性がある損害賠償責任までカバーすることができます。

そんな火災保険ですが、大きな弱点があります。それは地震と噴火による損害と、地震が原因で発生した火災と津波による損害については、補償対象外であるという点です。震度やマグニチュードの大きさ次第では、建物に深刻なレベルの損害を被る可能性もありますので、火災保険だけでは災害のリスクに対して万全とは言えません。

そこで、火災保険でカバーできない上記の補償をするために誕生したのが「地震保険」です。この地震保険に加入することで、あらゆる災害のリスクをカバーできます。地震大国である日本にとって、とても重要度の高い保険となっています。

仕組み

地震や噴火や地震に起因する火災や津波によって被害を受けた場合、損害保険会社から保険金が支給されるというのが、地震保険の基本的な仕組みです。大地震が発生すると地域によっては莫大な被害額が生じることから、損害保険会社だけではなく政府も地震保険に関わっています。

被害の度合いによって「一部損・半損・全損」のいずれかに分類され、それぞれ「保険金額の5%・50%・100%」に該当する金額の保険金を受け取れます。ただし、いずれも「時価の5%・50%・100%」が上限になっているため、時価以上の金額は受け取れません。

なお、重要事項として保険の対象も知っておくようにしましょう。以下に対象となるものと対象とならないものの具体例をリストアップしてご紹介します。

  • ~~~対象~~~
  • 居住用の建物
  • 居住用のマンション戸室
  • 家財
  • ~~~対象外~~~
  • 店舗や事務所として使われている建物
  • 設備・什器・商品・製品など
  • 1つあたり30万円を超える高額な貴金属類や美術品など
  • 自動車(自動車保険で補償可能です)

加入率

保険料が多少高く設定されているということもあり、かつては軽視されていた地震保険ですが、ここ数年は大きな地震が発生していることや、地震保険そのものの知名度が上昇してきていることなどから、加入率は上昇傾向にあります。それでも、まだ加入率は高いとは言い難く、現状でも3割程度に留まっています。

なお、都道府県別の加入率の推移や考察などは「地震保険の加入率」というページが参考になります。当サイトのコンテンツではなく、外部のホームページとコンテンツとなりますので、新規のページ(もしくはタブ)で開きます。

保険料の相場

一つ上の加入率の項目で保険料の高さに触れましたが、実際にどの程度の保険料が必要となるのか、相場が気になるという方も多いかと思います。地震保険料は地震の起きやすさや建物の構造によって異なるように設定されていて、全く同じ構造の建物でもお住まいの都道府県によって保険料は違ってきます。

二つ上の仕組みの項目で軽く触れていますが、地震保険には日本政府も携わっているということもあり、財務省公式ホームページの「地震保険制度の概要」というページで保険料が全て公開されています。都道府県によって保険料に最大で3倍以上もの開きがあり、更に建物の構造次第で2倍ほどの違いが発生しています。

火災保険の選び方

先にご紹介しましたとおり、地震保険は火災保険にセットするという形でしか加入することができないうえ、補償内容や保険料に差はありません。そうなると、いくら地震保険を比較しても口コミによる評判程度しか違いは出ませんので、差が出る火災保険を比較するということが重要となります。

当サイトは地震保険に特化したサイト作りをしているため、火災保険に関する内容はほぼ扱っていませんが、他のホームページで公開されている「火災保険の選び方」というコンテンツが参考になるかと思います。保険の仕組みや概要を解説しているほか、当サイトと同様に保険各社の口コミもかなり充実しています。

日本の大地震一覧

20世紀以降、日本で発生した大地震をまとめてご紹介しています。甚大な被害を及ぼした地震の中には、震度やマグニチュードはさほど大きくないものもありますので、日頃から防災の意識を高く持っておくことが大事です。

北海道・東北地方

北海道・東北地方で20世紀以降に発生した大地震の一覧です。上から発生日が古い順に並んでいます。揺れと津波で多大な被害を及ぼした東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が記憶に新しいですが、この地方は他の各地方と比べても大地震が発生する回数が断然多いです。地震も津波も日頃から十分に気をつける必要があります。

名称 発生年月日 震源地(震央) 震度
択捉島沖地震 1918年9月8日
1958年11月7日
1963年10月13日
北海道 不明
昭和三陸地震 1933年3月3日 岩手県 5
十勝沖地震 1952年3月4日
2003年9月26日
2008年9月11日
北海道 6
6弱
5弱
チリ地震津波 1960年5月23日 チリ 6相当
色丹島沖地震 1969年8月12日 北海道 4
根室半島沖地震 1973年6月17日 北海道 5
宮城県沖地震 1978年6月12日
2005年8月16日
宮城県 5
6弱
浦河沖地震 1982年3月21日 北海道 6
日本海中部地震 1983年5月26日 秋田県 5
釧路沖地震 1993年1月15日 北海道 6
北海道南西沖地震 1993年7月12日 北海道 6
北海道東方沖地震 1994年10月4日 北海道 6
三陸はるか沖地震 1994年12月28日 青森県 6
宮城県北部地震 2003年7月26日 宮城県 6強
岩手・宮城内陸地震 2008年6月14日 岩手県 6強
東日本大震災 2011年3月11日 三陸沖 7

関東地方

関東地方で20世紀以降に発生した大地震の一覧です。上から発生日が古い順に並んでいます。関東地方で過去に大きな揺れを感じた地震と言うと、東北地方が震源地となり関東地方でも最大震度6弱を記録した「東日本大震災」が挙げられますが、過去に遡ると「関東大震災(関東地震)」が非常によく知られています。

関東大震災のように人口がとても多い首都圏が震源地となった場合、被災者の数も膨大なものとなるため、行政機能や交通機関に大混乱が生じる可能性も否めません。そのため、普段から非常時への意識を高く持ち、万が一の時には命を守る行動を第一に取るようにしましょう。自宅や勤務先周辺の避難場所も把握しておきましょう。

名称 発生年月日 震源地(震央) 震度
関東大震災 1923年9月1日 神奈川県 6
八丈島東方沖地震 1972年12月4日 八丈島 6
伊豆大島近海の地震 1978年1月14日 伊豆大島 5

中部・北陸地方

中部・北陸地方で20世紀以降に発生した大地震の一覧です。上から発生日が古い順に並んでいます。面積が広い地方ですが、どの地域でも過去に大きな地震が発生しています。2000年以降も震度6強以上の大地震が複数回発生しており、いつまた揺れが襲ってくるか分かりませんので、防災の意識は高く持っておく必要があります。

名称 発生年月日 震源地(震央) 震度
東南海地震 1944年12月7日 三重県 6
三河地震 1945年1月13日 愛知県 5
福井地震 1948年6月28日 福井県 6
北美濃地震 1961年8月19日 岐阜県 5
新潟地震 1964年6月16日 新潟県 5
松代群発地震 1965年8月3日~1970年6月5日 長野県 5
伊豆半島沖地震 1974年5月9日 静岡県 5
長野県西部地震 1984年9月14日 長野県 6
新潟県中越地震 2004年10月23日 新潟県 7
能登半島地震 2007年3月25日 石川県 6強
新潟県中越沖地震 2007年7月16日 新潟県 6強

関西・近畿地方

関西・近畿地方で20世紀以降に発生した大地震の一覧です。上から発生日が古い順に並んでいます。東日本と比較すると西日本は地震が少なく、関西も例外ではなく回数は少ないです。ただし、大阪や神戸などといった大都市があるため、万が一大地震が発生すると、阪神淡路大震災時のように大きな被害を被る可能性が高いです。

また、単純に関西を震源地とした地震だけではなく、隣接する中国四国地方や東海地方で大きな地震が発生した場合、地震そのものとその地震によって発生した津波の被害を受ける可能性も否めません。ですから、回数は少ないですが、自宅周辺の避難場所やそこに至るまでの避難経路などを日常的に知っておくことが大事です。

名称 発生年月日 震源地(震央) 震度
北丹後地震 1927年3月7日 京都府 6
昭和南海地震 1946年2月21日 紀伊半島沖 6
阪神淡路大震災 1995年1月17日 兵庫県 7

中国・四国地方

中国・四国地方で20世紀以降に発生した大地震の一覧です。上から発生日が古い順に並んでいます。他の地方と比べると地震の少ない地方と言えますが、鳥取県で大地震が過去複数回発生しているため、特に注意が必要です。また、九州地方を震源地とした地震の影響や、その地震による津波の影響を受ける可能性もあります。

名称 発生年月日 震源地(震央) 震度
芸予地震 1905年6月2日
2001年3月24日
安芸灘 6
6弱
鳥取地震 1943年9月10日 鳥取県 6
鳥取県西部地震 2000年10月6日 鳥取県 6強

九州地方

九州地方で20世紀以降に発生した大地震の一覧です。上から発生日が古い順に並んでいます。東北地方や中部地方と比べると地震の発生回数は少なく、そして被害規模も小さいのですが、南部の日向灘付近では過去に大きめの地震が多発しています。なお、九州北部でも過去に規模の大きな地震が起きていますので、注意が必要です。

名称 発生年月日 震源地(震央) 震度
日向灘地震 1. 1909年11月10日
2. 1923年7月13日
3. 1923年7月13日
4. 1929年5月22日
5. 1931年11月2日
6. 1939年3月20日
7. 1941年11月19日
8. 1961年2月27日
9. 1968年4月1日
10. 1984年8月7日
11. 1987年3月18日
12. 1996年10月19日
13. 1996年12月3日
宮崎県 1. 不明
2. 4
3. 5
4. 5
5. 4
6. 5
7. 5
8. 5
9. 5
10. 4
11. 5
12. 5弱
13. 5弱
喜界島地震 1911年6月15日 鹿児島県 6
えびの地震 1968年2月21日 宮崎県 6
福岡県西方沖地震 2005年3月20日 福岡県 6弱

火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ