火災保険の必要性

結論から書いてしまいますと、一戸建てにお住まいであれば火災保険は必ず加入するようにしましょう。住宅ローンの条件として仕方なく加入したというケースもあるかと思いますが、住宅ローンを完済した後でも加入を続けておくべきです。なぜなら、一戸建ての家はあなたにとって非常に大きな財産であるからです。

自分が火の元に注意していても、放火などの思いも寄らないことが原因で家が全焼してしまうことはあり得ますし、全焼ほどの損害ではなくても、台風や水災や雪災などといった自然災害で家がダメージを受けることはよくあります。しかも、修復や補修にかかる費用は分譲マンションよりもかなり高く付くことがほとんどです。

実際にこのような損害を経験している家庭は数多くあります。自分の周りで全く起きていないからと言って、自宅が損害を被る可能性が0という訳ではありません。一戸建て住宅は金額も大きくて大事な資産です。ですから、その資産を守り続けるためにも、火災保険には間違いなく加入しておくべきでしょう。

火災保険のチェックポイント

せっかく購入した夢のマイホーム、それを火災で失ってしまうというのは悲しいことです。そんな場合でも、いち早く生活再建のお手伝いをしてくれるのが、火災保険です。続いて、夢のマイホームにかける火災保険の選び方を見て行きましょう。

補償の対象を決める

まずは、火災保険の対象を決めるのかということです。この場合、何を対象にするのかということは、大きく3つに分かれます。建物、家財、そして什器です。什器というのは、その家が店舗兼住宅のときのみ対象となりますので、建物にするか家財にするか、両方にかけるかということになります。

次は、建物の構造級別を確認することです。火災保険の保険料は、建物の構造によって変わってきます。木造化鉄骨か、あるいはコンクリートなのかによって、火災や災害時の損害に違いが出てきます。損害が大きくなりそうな構造ほど、保険料は高くなる傾向にあるのです。

補償範囲と金額を決める

次は、補償範囲を決めることです。全部入っていれば全ての補償に対応してくれますが、それでは毎月の保険料が大変になります。雷があまり落ちない地域であれば、落雷の補償を外してもいいでしょうし、水害がなさそうな地域では、水災を外してもいいでしょう。

次は、建物の保険金額を決めるということをします。つまり、建物の評価額の出し方です。評価基準には新価と時価というのがあります。一般的に、火災保険においては建替え費用を全てまかなえる「新価」での評価を勧められます。

次は、家財の補償金額を決めるということをします。建物と異なり、家財は保険会社がその価値を算出することはしません。つまり、自分で勝手に評価してもいいのです。とはいえ、実際の価値以上の補償金額をもらおうとしても、それは不可能です。また、補償金額が上がれば上がるほど、毎月の保険料も上がっていきますので、そこは注意です。

保険期間と地震保険

次に、保険の有効期間について決めることです。火災保険というのは、1年契約から36年契約まであります。もちろん、36年契約を一括払いしてしまったほうが、保険料の節約になる事は間違いありません。36年の一括払いをすると、1年契約の25年分のお金で済むのです。

最後に、地震保険をつけるかどうかです。最近注目を集めている地震保険は、火災保険の特約扱いですので、火災保険とセットでしか加入できません。是非、前向きに検討しましょう。「地震保険の必要性」のページでより詳しくご案内しております。

火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ