全労済

更新日:2018年1月13日

全労済の火災保険は「自然災害保障付火災共済」という名称で提供されています。一般的な地震保険の付帯はできませんが、地震の保障が含まれています。少額から始められるというメリットがあり、条件を満たせば共済金を1,000万円に設定しても、毎月の掛金は350円というお手頃価格から始めることができます。こちらではそんな「自然災害保障付火災共済」の口コミと評判をチェックできます。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!

共済組合名 全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)
商品名 自然災害保障付火災共済

口コミと評判

掛け金(保険料)の口コミ

●●2011年に中古一戸建て住宅を購入して、家族で引越しをしました。住宅会社から火災保険は自分で加入してくださいと説明をされたのですが、どれが良いかを思案しているうちに、住宅の名義が私たちに変更される日になりました。

まだ引越し前だったので危機意識が少なかったのですが、引っ越しをしていなくても、名義が自分たちであれば、火災の時の損害を負うことになると気がつきました。変更された日に加入して、翌日から保険が適用されましたが、保険に入っていない1日の間は火事が起こらないかと生きた心地がしなかったです。

家計に余裕がありませんし、火災も起こらない確率の方が高いので、なるべく安く入りたいと思い、全労災の火災保険に決めました。

手元に資料請求してあったものに、記入して提出する形で申し込みをしましたが、家の面積や構造など細かなことを申請する必要があり、書き方も少し難しかったです。私は急いでいたこともあり、電話でオペレーターの人に聞きながら記入をしました。丁寧に一つ一つ教えてくれて、安心な会社だなと思いました。

掛け金は月々1260円ととても家計に優しい金額で、火事の時には2000万円ほどの補償が出ます。2000万円があれば新たに家を建てることができますし、とても心強く感じます。戸建てを購入した場合には、火災保険に入っていないと、いざという時に経済的にどうしようもない事態となります。

ローンを返しながら、新たな家を建てる資金のある人はごくわずかですので、少額であっても火災保険の加入は必要だと感じました。

●●以前、勤務していた会社でチラシをいただき、加入しました。数年前に、世帯主の年齢で補償額が増額できるタイミングになったので、相談へ伺いました。非常に丁寧にわかり易く説明していただき、納得して変更することができました。

建物の種類区分が細分化された際にも、相談・変更手続きのため窓口に伺いました。質問した内容以外にも、こちらの立場になって提案をしてくださいました。その際、太陽光発電を設置した建物では、わずかですが保険料が割引になるとの説明もしていただき、対象である旨と伝えるとすぐに対応してくださいました。

保険商品の内容に熟知されているのはもちろんですが、環境に関しても高い意識を持ち、社会貢献されている保険会社だと思います。

●●全労済はよくポストにパンフレットを入れてきます。以前住んでいたアパートの時も、よく全労済のパンフレットが入っていました。

ある日、それを見ていたところ「借家人責任特約」というものがありました。借りている人が火災等を起こした時の特約とのことです。自分のアパートがどうなっているかが不安になったため、管理会社に聞いたところ「入っているから心配いりません」とのことでした。

とかく、自分の建物ではないから関係ないやと思いがちですが、火災はいつ発生するかわかりません。地震は自分の責任ではないのでいいのですが、自分の責任で火災を起こしてしまったら大変です。保険は大事だなと改めて思いました。

それから、しばらくしてマンションを買うことになり、アパートからは退去しました。全労済のことはすっかり忘れてしまい、ハウスメーカーの勧めた火災保険に加入しました。最近になって、全労済はどうも少し安いような話も聞きました。

火災保険は35年間の長期間にわたる契約になります。1年間の保険料は少しの違いでも、トータルで見ると金額の差が大きくなると思います。私のように勧められるがままではなく、事前に検討することをお勧めします。

●●昨年の7月に亡くなった父名義で、自宅には火災保険と家財保険が掛けられていました。その保障期限は12月31日末でした。どうしょうかと随分迷っていましたが、残った家族と相談した結果、最初に行わなければならないのは名義変更の手続きでした。

その為に担当者に自宅に来てもらい手続きの方法を教えてもらいましたが、女性社員でしかも詳しくなく、歯切れの悪い説明の中で名義変更の手続きだけを行いました。その後に改めて内容をチェックすると納める金額の割には保障金額が少なく、再度、調べる事にしました。

その結果、私の名義でも家財保険に入っていたので、それを解消して、同じ、業者の火災保険と家財保険に再加入しました。この保険会社の担当者は女性社員でしたが、分かり易く説明をしてくれたので随分、助かりました。それに同じ女性なのに知識の差を感じました。

●●毎月の掛け金がとても安くて、手頃だったので加入していました。本当に毎月の掛け金が安いので家計にも響かなく、とても良心的な保険だと思って、加入していました。

今回の東日本大震災で被害があったのですが、家財保険に加入しているのもすっかり忘れていて、周囲の人から「本当に何も家財保険に加入していないの?」と聞かれたので調べてみると、家財保険に加入していました。

月々の掛け金が安いのでほとんど保険金も下りないと思い、期待しないで保険金の請求をしましたが、毎月の保険金額が安い割にはきちんと保険金が下りました。

あまり家財保険の必要性はないと思っていたのですが、今回の東日本大震災で沢山の物が壊れてしまい大変だったので、少しでも保険金が下りたのは凄く助かりました。また、毎月の掛け金も負担にならない金額で、万が一の時にはきちんと保険金が下りるので、凄く良いと思います。

●●マイホーム購入と共に、融資元の金融機関の勧めで、全労済の火災共済に加入しました。掛金が安い事と県内のシェア率の高さが決め手でした。大手の損保系の火災保険の資料なども3社ほど見比べ、地盤や地形や海山からの距離、災害の歴史などを調べて、リスクが少ないと信じ、加入しました。

共済の良いところは、何と言っても掛金の安さです。そして、窓口の対応の丁寧さです。金融機関の担当の方から保険料の計算方法を教えていただいたのですが、正直理解できなくて、翌日、全労済に電話で問い合わせをしたのです。とても親切に分かりやすく教えていただき、安心して加入する事ができました。

また、加入当時の保険料計算メモがあるので、毎年更新する度、補償内容の見直しも簡単にできます。災害リスクが少ない地域にお住まいの方にはオススメの保険です。

●●建物と家財両方の火災保険と、付帯契約で地震保険に加入しています。掛け捨てではありますが、割戻金もあります。数年前に自然災害保険も追加契約しました。近年台風や水害も多いので、持ち家の場合、「自然災害」をプラスした方が、万が一の被災に備えることが必要であり、安心できると考えています。

全労済の保険は家の容積に比例した計算で、加入できる最大口数が決まっていますが、それでもかなり割安なのではないかと思います。

昨年末、更新時期に見直しを行ったときに初めて分かったのですが、一般的な火災保険の場合、被害が起きて請求するときに、たとえば家財の請求額は新品の購入額ではなく、経年数を割り引いた価格で判定されると聞きました。しかし、全労済の場合、経年数は全く関係なく、新品の購入額で査定されるということがわかりました。

いくら使用していたといっても、無くなってしまったものを新たに買いなおすときは、新品を買うことになるので、同じものが欲しい場合、少しでも負担が少ないほうが誰でも嬉しいはずです。

ただでさえ、被災した場合財産を失って心理的にも、金銭的にも苦しいのです。一番良いのは、被災するようなことのないことですが、万が一のことを考えると、全労済に入っていて本当によかったと思いました。

火災共済の保障体験談

小火・火事

●●買い物をしている間に、お風呂を沸かしておこうとしました。スイッチを押したまま、お風呂のふたや排水の部分にお湯を貯めても大丈夫な状態かどうか確認しないで出かけてしまいました。

すると、家に帰ってみると大変な状況になっていたのです。お風呂から、焦げ臭いにおいが充満していました。

お風呂のふたは閉めたままでしたが、お風呂の栓がきちっとしまっていなかったので、空焚き状態になってしまったのです。お風呂のふたは、少し黒く焦げてしまいました。

火事になってしまうと思い、慌てて水を流しましたが、煙がぶわっと上がりました。ホントにびっくりしました。もう少しで一大事でした。

火災保険にはいっていたので、風呂の空焚き見舞金で数万円でました。保険に入ってて助かりました。

地震保障の口コミ

●●大手共済会社で働く職員の方と何度か話をさせていただいたことがあります。話の内容は営業についての話が多かったのですが、しんみりとくる話を聞いたこともあります。一番印象に残っている話の内容は、東日本大震災が起こったときの共済職員の対応についてです。

東日本大震災についての対応は、非常に体力がいるものだったと聞きました。多くの職員が現場に赴き、対応をしたそうです。対応をする中で、現地があまりに悲惨な状況であったため、涙を流してしまうことも少なくなかったと言っていました。共済会社で働く中で、一番大変なのが、被害を受けた方への対応なんだなと感じました。

共済会社で働く職員と話をして感じたことは、人間味あふれる職員が多いなということです。職員の採用にあたっても、そういった人間性を重視しているのではないかと思います。あくまで私の感想ですが、保険会社よりも共済会社の職員のほうが魅力的な人が多いと感じています。共済で働く職員の人間性の高さには驚かされます。

●●私は2011年の東日本大震災を経験しました。その時に加入していた保険は「全労済」です。全労済の火災保険と地震保険に入っていました。保険への掛け金は、両者合わせて1,200円前後です。

私が生活していたアパートは、東日本大震災で建物の一部にヒビが入ってしまいました。幸い、私が生活していたアパートは耐震工事が施されていたため、崩れることはなかったです。この程度で保険は下りないだろうと思いながら、担当者に問い合わせてみたら、損傷した部分の修理費用全額が下りました。

担当者さんの対応も、ちょっとした損傷だったのに、熱心に確認していただき、丁寧な対応だったので、全労済には敬服してしまいました。また、この機を経て、地震保険の大切さも学ばせていただきました。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ