AIG損保の分譲マンション用火災保険・地震保険

更新日:2018年1月13日

AIG損保では分譲マンション用の保険を「スイートホームプロテクション」という商品名で提供しています。割引制度が充実している点が特徴的で、火を日常的に使わずに済むオール電化住宅割引や、たばこを吸わないノンスモーカー割引などがあります。また、「未来住まいる」という火災保険もあり、こちらは補償範囲や金額などは他社とさほど違いはありませんが、水回りのトラブルや鍵開けなどといった日常生活におけるピンチを救ってくれるサービスがあるという特徴があります。そんな「スイートホームプロテクション」と「未来住まいる」の口コミと評判をご紹介中です。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!

商品名 スイートホームプロテクション(ホームライフ総合保険)・未来住まいる
保険の見積もり 【PC/スマホで】AIG損保の火災保険の見積もり

口コミと評判

保険料の口コミ

●●どこから送られてきたか忘れてしまいましたが、メールマガジンかダイレクトメール(手紙ではなく電子メール)でAIGの家財保険が紹介されているのを目にしました。ちょうど転居を考えていた時期で家財保険も必要となるため、とりあえずと思い、資料請求だけはしていました。

その後、地方の安い分譲マンションを購入し、家財保険に入る必要が生じたため、ちょっと前に資料請求をしていたAIGの家財保険をチョイスすることにしました。手続き自体は簡単で、資料と一緒に送られてきた申込書に必要事項を記入して返送するだけでした。

今もAIGの家財保険に入っていますが、これまで家財保険を使ったことはありません。ただ、万が一のために入り続けていようと思います。

●●私は以前から火災に対して、普通以上の注意を払っていました。というのも、当時は集合住宅に住んでおり、マンションの5階でしたから、万が一火災が起こるとご近所にまで燃え移り、かなり高額な補償が必要になると感じたからです。

また、ご近所で火災が起きたときにも備える必要があると考えており、火災保険に加入していました。保険の担当者の方はとても真摯な男性で、分かりにくい条件などをていねいに説明してくださいました。パソコンを利用して有利な点と不利な点の両方を教えてくださいました。

その後、新築の一戸建てを建て、引越しをしましたが、引き続き、同じ損保会社で火災保険に加入し続けています。幸い今のところ火事にあったことはありませんが、いつ火災が起きるかは分かりませんから、引き続き加入し続けようと思っています。火災保険に入っていることで得られる補償への安心感はとても嬉しいです。

AIG損保は会社の評価も大変安定しているので、とても信頼ができます。いい火災保険に加入することができてよかったです。

▲▲マンション購入時の団体保険の火災保険ならびに地震保険は、強制的に入居者全員同じ保険会社での取り扱いとされていたため、他の保険会社との比較は全くできない状態でした。良いも悪いもなくAIGで加入しています。

保険内容としては悪くはありませんが、金額的なものを言わせてもらうのであれば、やはり他社の保険のほうが良心的だと思える部分も多々あります。ですが、何せ他の保険への加入ができない状態であるがために、半ばあきらめに似た感覚でいるというのが現状であります。

ほかのマンションを購入された方に聞いたところ、強制的に同じ保険会社のところと自由に加入できるところと半々のようです。一戸建てとは違い、共有部分があるので致し方ないとは思います。

また、先日、漏水で補償を請求された方がいると聞いたのですが、全額は補償されなかったとのこと。補償内容には漏水も記載されているのになぜなのか疑問が残るのですが、詳しい説明も素人にはよくわからないことだらけです。

しっかり納得のいく説明をしてくれる担当者であればよいのですが、なかなかきちんと説明してもらえる担当者はいらっしゃらないとも聞きます。もっと、加入者にもわかりやすい説明をしていただけるよう保険会社も社員教育をしっかりしていただきたいと常に思っています。

▲▲マンションを購入した時、当然、火災保険に入りました。私の場合、団体信用保険にも加入しました。火災保険は、契約年数こそ違うものの、賃貸に住んでいた頃も常に入っているし、契約内容の確認等は特にしませんでした。

ある日、富士火災から書類が送られてきて、「契約内容に誤りがあるので返金する」との文章がありました。当時、私は無職ではありませんでしたので、数万円の返金などはした金でした。また、その書類のチェック等も当然行いませんでした。なぜならば、時間がもったいないからです。

私は、その後、景気悪化により無職になりました。そうすると時間に余裕ができます。なので一度ちゃんと確認してみることにしました。

火災保険の契約内容は、結構ずさんです。これは火災保険に限った事でなく、生命保険でも同じだと思います。通常、営業に書類を持参されて、印鑑をつくだけに思います。私は、その後の賃貸契約においても火災契約の虚偽内容が発覚しました。

おそらく、こういう事は日常茶飯事だと思います。契約内容の不備や誤りを指摘しない限り、保険会社は訂正しません。なぜならば、それが会社の利益や営業担当の利益に繋がるからです。火災保険会社だけの問題でなく、顧客のことを考えず、本社や上司の顔色を伺う営業の問題も大きいと思いますね。

地震保険の口コミ

●●AIGの家財保険で地震によって壊れた家財の一部を補償してもらったことがあります。

2013年の4月に淡路島付近を震源とする大きな地震がありました。もともと兵庫在住でしたが、その時は残業続きで会社近くの安いビジネスホテルに宿泊していました。連日の残業でへとへとになってました。

そんな時にビジネスホテルで寝ていたら突然大きな地震がきて飛び起きました。普段は少々の揺れでは起きないのですが、よほど大きく揺れたんだと思います。

高層階に宿泊していた事も災いして大きく揺れました。ただ、マンションに住んでいる家族とはすぐに連絡が付き、安心しました。

翌日ニュースを見てみるとかなり大きな地震であった事が解りました。あの地震以来ビジネスホテルに宿泊する時はなるべく下の階にしてもらうようにしています。いざという時にすぐに逃げられないと困りますからね。

そして、仕事を早く切り上げてマンションに戻ると、花瓶や置物などが割れてしまったとの報告を家族から受け、AIGに電話しました。特に難しい手続きなどはなく、最終的に少額ではありますが、しっかりと保険金を受け取れました。

●●引越しをした際にAIGの保険に入りました。細かいことはなんだか分からないので、火災保険も地震保険も全部入りました。その後、東日本大震災で被災し、そういえば保険入っていたよな…と思い出し、保険会社に電話しました。

すごく混み合っていて、対応してもしきれないらしく、私の保険は見積もりまでに3日、お金が振り込まれるまでに2週間ほどかかりました。

今回、本当に保険に入っていて良かったです。いつも保険なんて…と思っていましたが、いざ物が壊れて生活するまで大変でした。本当に損害額は100万円くらいありましたが、保険に入っていたのでその半分くらいは現金で戻ってきました。

保険料を考えるとケチりたくなる時はありますが、いざという時のことを考えると、本当にケチらなくて良かったと思います。それからは、内容はあまりよくわかりませんが、一応のために人に勧められたものは入るようにしています。

保険はケチらずに入っておいたほうがいいですよ。東日本大震災のような地震はもうないと思いますが、保険はいざという時、本当に助かります。転ばぬ先の杖と言いますが、本当にそんな気がします。

●●空き巣に入られたことがきっかけで、AIGの家財保険に入りました。本当はセコムやALSOKなどといったホームセキュリティーを設置したかったのですが、金額が高くて、うちには入る余裕がありませんでした。

ホームセキュリティーは無理だなぁと諦めていた時に、ネットでAIGの保険を見つけました。半信半疑でパンプレットを請求し、保険内容を確認しました。一番の目的は空き巣対策でしたが、盗まれた家財を補償してもらうというのも悪くないなと思い、入りました。また、地震の保険にも一緒に入りました。

その1年後に東日本大震災が起き、我が家は津波は逃れたものの、家財はほぼ使えない状態でした。主人も職を失い、ライフラインも2週間途絶え、毎日泣いてすごしていました。この頃は本当に精神的にも肉体的にもつらかったです。

電話の回線だけがつながるようになり、そして最初にきた電話がAIGからでした。現在の加入している保険で、壊れた家財が対象になるかどうか、被害状況の確認の電話でした。

後日、委託業者の方が査定に来られました。うちが加入していた際に支払っていた毎月の保険料は月々1,365円と少額でしたが、数日後にはちゃんと口座に25万円の入金がありました。お蔭で新しい電化製品や家具を購入することができて、本当に助かり、そしてありがたかったです。

私の周りでは、地震保険に入っていても家財は対象にならず、結局全部自己負担で家財を買い替えた方も少なくありませんでした。AIGの迅速で誠実な対応にとても驚き、本当に感謝しています。もし、家財保険の加入を検討している方がいれば、是非お勧めしたいです。

●●2011年3月11日に発生した東日本大震災。それまでは地震保険を知っていても気にしていなかった人は大勢いるかと思います。私もその1人で、地震保険に加入しているのに内容をよく知りませんでした。私の入ってる地震保険を通じて感じたことを書いてみようと思います。

私はマンションを購入した際に、火災保険と一緒に地震保険に加入しました。その時は、東日本大震災のようなケースを考えていたのではなく、「マイホームを買ったんだし、地震で壊れたら嫌だなぁ」って程度の認識で加入しています。地震保険も火災保険の特約として加入しているため、深いことは何も考えていません。

東日本大震災の後に興味を持って初めて知ったことがたくさんありました。

  • 火災保険は火災の原因が地震だと補償しない
  • 地震保険は火災保険の特約が主流(地震保険としての加入率が低い)
  • 地震保険の補償額は火災保険の半分以下が多い

1つ目は、火災であれば全部補償されると思っていたので正直意外でした。でも、保険会社のホームページを見ると、同じ勘違いをしているのは私だけでは無いようですね。地震保険の補償額が小さいのも正直ツライです。火災と同様に住まいを失ってしまうのに、補償額は半分…。もうちょっと手厚い補償が欲しいものです。

当たり前と言えば当たり前なのですが、地域によって保険料が違うことも初めて知りました。地震のリスクが指摘されている地域とリスクの低い地域を比べたら、リスクの少ない地域の方が安くなりますよね。ただ、多くの人が住んでいる地域って、地震のリスクが高い地域のような気がします。

ちなみにうちは今年、地震保険の更新年にあたったため、保険の更新を行いました。契約期間は5年間。それに対して、火災保険の契約期間は25年間。長期契約でお得なのは良いのですが、何でこの2つの契約期間は違うのでしょう。正直、同じならよかったのにと思います。

疑問点を色々と書きましたが、地震保険は今後も何らかの形で契約し続けるつもりです。私の住んでる地域でも地震のリスクは常に指摘されており、東日本大震災の時にもかなり揺れました。被害が軽微だった地域に住んでるとはいえ、当日の東京の混乱や被災状況は忘れることができません。

ただし、次回の保険更新時には内容を見直すつもりです。補償額はもちろんですが、保険全体のサービスを確認し、何があってもあわてないで済むようにしたいです。次の更新に向けてやることは、最初に保険証書を探す事にします。それから他の商品と比較して自分が納得できるものを探すつもりです。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ