三井住友海上の分譲マンション用火災保険・地震保険

更新日:2018年1月13日

三井住友海上では分譲マンション用の保険を「GK すまいの保険」という商品名で提供しています。大手保険会社ですので補償はもちろん充実していますが、更に事故時諸費用特約やバルコニー等修繕費用特約などといった特約も多彩に揃えられています。こちらではそんな「GK すまいの保険」の口コミと評判をご紹介中です。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!

商品名 GK すまいの保険
保険の見積もり 【PC/スマホで】三井住友海上の火災保険の見積もり

口コミと評判

保険料の口コミ

●●中古でマンションを購入した際に、加入義務があった為、ネットでいくつか比較しましたが、補償内容が安定していて、価格もよかったので決めました。

私の入っている火災保険には、備え付けの給湯器や電気スイッチの電球切れも補償内容に入っており、給湯器は交換するのに10万円ほどかかると聞いていたので、せっかく払い続けている保険ですから、その際は使おうと思っています。

家財も含まれていますし、上下の階や横の部屋の事も内容に組み込まれていました。充実した内容でとても満足しています。

保険料もまとめ払いしましたので、次回は7年後。その際、見直しもできるので良いかと思います。こういった保険はあまり長期間のものに加入してしまうと、見直ししたい時に損をするので、10年以内が妥当かなと思いました。

●●我が家の息子は中学生の時に自転車で女性と接触する事故を起こしました。幸いケガは無かったのですが、相手の方の自転車の修理が必要になりました。修理代を支払うだけで相手の方も許して下さいましたが、自転車の事故は下手をすると大きな人身事故にも繋がります。

自転車事故の損害賠償保険が単独で販売されていることを知り、加入を検討しましたが、我が家で加入している火災保険にも特約で日常生活賠償が付いていたのを思い出し、保険会社のサービスセンターに電話で問い合わせをしてみると、日常生活で起こした賠償事故に今回の様な自転車事故も入っているそうです。

ちなみに加入している保険の補償内容は、建物と家財についての火災保険と地震保険です。それに日常生活賠償特約(1億円・免責額0円)が付いています。年払いの保険料は17,700円ですので、結構リーズナブルだと思います。

●●さいたま市から中野区に引越し、火災保険に再度入り直しました。三井のリハウスでの仲介で中古マンションを購入したため、リハウスに火災保険の会社も紹介してもらいました。

入るプランのやり取りは直接保険会社の担当者と行いましたが、こちらの予算に合わせてプランもいくつか提示してもらえ、親切な印象を受けました。今後、このマンションにどれくらい住む予定かなどから一番良いプランに入れたのではないかと思っています。

また、さいたまのマンションに住んだままで早めに中野のマンションも購入したため、複雑な手続きになるかと心配していましたが、担当者やコールセンターの方が丁寧に手続きについて教えてくださったのも、とても助かりました。

火災保険の補償体験談

バイク・自転車の盗難

●●昨年ですが、北海道に転勤になった息子が私たちと一緒に暮らすことになり、通勤の為に新品の自転車を買いました。マンションの指定された自転車置き場に入れていたのですが、購入して1週間で盗まれてしまい、警察に盗難届をだしましたが、8万円という高額の自転車はまず戻らないでしょうと慰められました。

なんとかこの金額を戻したいと思い、色々考えていましたら、この保険会社の契約時の担当者の方がとても感じが良かったのを思い出し、電話でこのことを相談したところ、保険の対象になるとのこと。

早速、手続きを教えていただき、自転車置き場の写真や、購入した時のレシート、盗難届の番号などを用意し、提出したところ、8割くらいの金額が戻ってきました。自転車はよく盗まれることがありますが、泣き寝入りしては損だと今回のことで思いました。

多少、手続きに面倒な感じもありますが、アドバイスの通りに、とにかく、きちんと書類などをそろえると、後はスムーズに補償されることが分かり、保険を身近に感じた出来事でした。

物体の落下・飛来・衝突

●●人に貸している分譲マンションから雨漏りがしたときのことです。お願いしている不動産屋から連絡があり、住人宅に雨漏りがし、家財などの補償を求められているとのことでした。業者に調べてもらったところ、先日の暴風雨のときに飛来物が屋根に当たり穴が開いたことが原因でした。

屋根の修繕や借主への賠償もしなければならないので、早速加入している保険会社に連絡を取り、保険の請求書類を送ってもらいました。準備しなければならない書類が多く大変でした。

現場の写真は不動産屋にお願いし、たくさん撮ってもらいました。業者の修繕の見積書なども出してもらいました。事故の状況を説明など、書類を書くのが結構面倒でした。

提出書類を揃えて請求しました。きっちり書類を揃えられたからか、請求額が大きくなかったからか、保険金もわりとスムーズに支払われましたので、ほっとしています。

ただ、保険会社の担当者が結構細かかったです。保険会社としては、保険対象外の保険金を支払いたくはないでしょうから、チェックが厳しくなるのは当然でしょうが。

しかし、担当者の対応が次の契約の如何にかかわっていることも事実です。客としては次回もそこにお願いしようかということにつながるのですから、気持ちよい対応をしてほしいな…と思うこともありました。

地震保険の口コミ

●●現在の保険(GK住まいの保険・R4)に加入したのは、マンション販売会社と提携している保険会社の保険で、マンションを購入する時の加入条件になっていたからです。購入物件に合うように保険設計をしてくれていましたので、家財・建物についてちょうど良い補償内容になっています。

マンション購入は平成3年の10月で、その後平成7年に阪神淡路大震災がありました。それを契機に地震保険にも追加加入をすることにしました。

私の友人には、地震保険に加入しても、大震災の時には保険会社も大打撃を受けるので保険金の支払いは期待できないと言う人もいましたが、サポートセンターに問い合わせると、保険会社を補償する機関があるので心配ないと言うことです。

実際に保険金を受けるような事故は幸いまだありませんが、年払い保険料17,700円で、建物と家財の安心が買えるのは無駄な買物では無いように思います。また、現在加入している損害保険には日常生活賠償保険が付保されていますので、その点でも安心しています。

●●東北の大震災の前に、中古マンションを購入しました。その際、もしもに備えて保険に加入しておかなければならないとは思っていたのですが、どこの保険屋さんがいいのか、知らないところに連絡すると、たくさん余計なものまで進められるのではないかと迷っていました。

マンションを媒介してくれた不動産屋さんにそんな話をしたら、「うちがいつも利用している保険屋さんを紹介するわよ。感じのいい人だし。」と、その場で損害保険会社の担当者に電話をしてくれました。30分後には、その担当者がその不動産屋さんに来てくれました。

不動産屋さんが一緒にいてくれたので、無茶なおススメをされることもなく、聞きたいことや不安な点の細かい点まで聞きやすかったです。

また、とても気になっていた地震保険をどうしたらよいか?についても、しっかり確認することができ、安心できました。関東は地震が多いですし、大きな地震も来るだろうと言われていたからです。

その場で、お願いすることにし、契約書類を送ってくれることになり、あっという間に手続きが進みました。

あの時、しっかり地震保険の確認をし、加入しておいてよかったです。おかげで、東北の大震災のときには保険金を受領することができました。

●●我が家では1993年に分譲マンションを購入する時に、マンション販売会社が勧めるマンション団地保険に加入しました。当時は地震保険など付いていませんでしたので、阪神大震災の後に追加契約をしました。その後、何度か保険の見直しを検討しましたが、保険会社は変更していません。

この保険を気に言っているポイントは、通常の火災保険と地震保険の他に、日常生活における賠償事故の補償金(上限1億円・免責金額0円)が付いていることです。

対象になるのは、マンションに同居している家族と別居している未婚の子供です。気を付けていてもいつどんな事故を起こして人様にご迷惑をかけるかも分かりませんし、この特約があると安心です。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ