損保ジャパン日本興亜の分譲マンション用火災保険・地震保険

更新日:2018年1月13日

損保ジャパン日本興亜では分譲マンション用の保険を「THE すまいの保険」という商品名で提供しています。火災保険に限らず、保険商品はなにかと複雑で分かりにくいことが多いのですが、同社では契約した補償内容が一目で分かる保険の取扱説明書も用意しています。こちらではそんな「THE すまいの保険」の口コミと評判をご紹介中です。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!

商品名 THE すまいの保険
保険の見積もり 【PC/スマホで】損保ジャパン日本興亜の火災保険の見積もり

口コミと評判

保険料の口コミ

●●自動車保険に加入している関係で、新しく引越したマンションの火災保険と地震保険に加入しました。東日本大震災が起こるまでは地震保険に入ったことがありませんでしたが、あの地震の後は入っておく方が良いという判断で加入したのです。

マンションというのは火災保険にしても地震保険にしても、一軒家に比べてかなり保険料が安いと事がわかりました。かなり手厚い感じの保険契約ですが、今までは一軒家での保険加入でありましたので、ずいぶん安いと感じました。

ちなみに、前の家で地震保険に加入しなかったのは、一軒家では地震保険の保険料がかなり高いということも影響していました。最後になりますが、火災保険というのは火事だけでなく、その他の自然災害や損害にかなり広く対応しているのは大変心強く感じます。これに加えて地震保険にも入りましたので、今は大満足です。

●●もともと車の保険を損保ジャパンにお願いしているご縁もあったことと、震災を機に周りに火災保険をかける方が増えたこともあって、火災保険について調べる事にしました。下調べを終えた後に、独自の情報を持ちながら損保ジャパンの方に来ていただきまして、損保ジャパンの扱ってる火災保険の補償や見積書を出してもらいました。

掛け金や補償内容(火災だけではなく風災雷災など)が独自に調べた保険会社のものよりも良かったので、損保ジャパンの火災保険に加入することにしました。

車の担当の方も熱心で細かい説明をしてくれる方ですが、火災保険を担当してくれた方も説明が充分あって、他保険と比べてどんな点がいいのかと具体的な例もあげてくれて、他の保険会社と比較がしやすく、それが決め手となり、加入する事にしました。

長年継続している保険だと、担当者さんとの関係も、なぁなぁになりがちですが、決してそうではない損保ジャパンを信頼しています。

火災保険の補償体験談

水漏れ

●●私が家財保険の補償を受けたのは、水濡れの被害に遭ったときでした。上の階に住んでいた人の家で、洗濯機が壊れてしまって水漏れし、真下の私の部屋まで水がこぼれてきて、家具や家電が濡れてしまいました。

水漏れがあった日は家で寝ることが出来ず、急きょ近くのホテルに泊まることになりました。幸い濡れてしまったものの中に大切な品はなく、買い換えられるものだけで済んだので、タンス、ベッド、テレビを買い替えるためのお金を一部補償していただきました。

また、濡れてしまった部屋の天井や壁の壁紙の貼り替えのためにかかった費用は、全額負担していただくことができました。

保険には入居したときから入っていましたが、実際に補償が必要な事故に遭ったことはなかったので、最初に事故が分かったときにはどこに電話をすればいいのかもわからなかったのですが、マンションの管理会社からの報告で、保険会社の方がすぐに来てくださり、とても迅速に対応をしてくださいました。

更新のときに支払う保険料が高く、今までは少し面倒に思っていましたが、今回対応をしていただいて、自分に原因がなくても事故に遭ってしまうことはあるんだなと実感しましたし、保険に入っていて本当によかったと感じました。

地震保険の口コミ

●●東日本大震災で、住んでいたマンション棟全体は全壊に認定されました。確かに外壁にかなりひどいひびが入ってて「こんなふうになったら、住人は気の毒だな」と思うくらいの部屋もありました。

幸いにも、うちは外壁内壁ともにひびも入らず、しいて言えば、和室のふすまやキッチンのドア(それとも枠でしょうか)が少しゆがんで隙間ができるくらいでした。

後は、クローゼットの棚がはずれてしまった、和室天井の板がはずれてしまった、といった程度の被害ででした。全壊と認定されたマンションに住みながら、それほど被害はひどくはありませんでした。

ある日、契約している損保ジャパンから電話がありました。「地震被害の認定作業をします」とのこと。うちの被害はこんな様子だとお伝えしましたが、きちんと保険会社の判定員の方を派遣してくださるとのことでした。見ていただくと、このくらいの被害でも額は小さいが保険金をいただけるとのことで、小額でも助かりました。

被害は少なくても、修繕のために保険金はありがたく使わせていただきました。わざわざ損保ジャパン日本興亜の方から、安否確認の連絡と保険金の手続きなどをしていただけて、本当に助かりました。

●●私は平成7年に主人とともに、新築のマンションを購入したのですが、その時に勧められた保険として、損保ジャパン日本興亜の火災保険に加入しました。阪神淡路大震災があったので、本当はオプションだった地震保険に入ったほうがいいのではないかと思ったのですが、そのときは見送ってしまいました。

平成13年の特約地震保険割引制度の新設、という案内が保険会社から届き、「昭和56年以降新設の建物に割引があります」というようなことで、こういうなにかきっかけが無ければ入らないと思い、確認の資料を揃えるのが面倒だった覚えがあるのですが、そこで平成14年からは一年ごとに支払う地震保険も加入しました。

その後幸い火災や地震の被害はなく、補償を受けたこともありませんので、実際の損害保険の有難さについてはわからないのですが、東日本大震災もあり、本当に地震保険が役に立つのかどうかと不安もある一方、1年2,000円ほどなので負担にもならず、気持ちだけかもしれませんが安心感を感じています。

●●東日本大震災で地震保険がおりました。火災保険の案内の中に「地震保険のすすめ」が入っていたので、2009年に加入しました。そろそろ関東大震災の再来があるかと心配だったのと、金額が1年間で約3,500円とお手頃だったので決めました。

申し込みの手間も特にありませんでした。ただ、1回目の引き落としに間に合わなかったので、振込にした記憶があります。

東日本大震災の時、私の住んでいるマンションは大きく揺れて、金具が変形したり、壁にヒビが入りました。マンションの管理組合が加入している、共用部分の地震保険の調査が入って一部損壊が認定されました。

その事を月例の理事会報で知ってから間もなく、損保ジャパンからうちに連絡が入り、「マンションが一部損壊と認定されたので、マンションに住んでいる人が個別に加入している地震保険についても認定になります」との事でした。こちらから問い合わせしないでも、保険会社から通知してくれたのでありがたかったです。

個人の分に関しては、特に室内を確認される事もなく、用紙を提出してから3日後には保険金額の5%が支給されました。非常に迅速だったと思います。電話での説明もわかりやすかったです。

▲▲当初、火災保険と地震保険に加入していました。今回の東日本大震災で地震の被害があったので、地震保険の申請をしようと思い、損保ジャパンへ電話をしました。

最初は「保険の申請書類を送ります」との事でしたが、しばらく待っても申請書が届かないので、再度損保ジャパンへ電話をしました。そうすると何故か「火災保険には加入していますが地震保険には加入していません」と言われました。

最初の電話では「地震保険の申請書を送ります」と言われていたので、急にそう言われても納得出来ない事を話して、何故このような事になっているのか確認をお願いし、分かり次第、連絡をお願いしました。

その後、しばらく待っても何の連絡もなく、再度こちらから損保ジャパンへ電話をして、確認しました。すると、一番最初は火災保険と地震保険の両方に加入していたが、地震保険の更新をせずに地震保険を解約したと説明されました。

地震保険は解約していないと言っても「解約した」の一点張りでした。きちんとした説明も最後までなく、とても残念でした。

後で損保ジャパンへ電話をして聞きましたが、地震保険の契約は自動更新ではなく、こちら側で地震保険の更新をしなければ保険はなくなると説明をされました。もっと、きちんとした対応をしてもらいたかったです。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ