東京海上日動の分譲マンション用火災保険・地震保険

更新日:2018年1月13日

東京海上日動では分譲マンション用の保険を「トータルアシスト住まいの保険」という商品名で提供しています。いくつかのプランが用意されていますが、その中にマンション向けというプランがあり、こちらが分譲マンションにお住まいの方におすすめです。そんな「トータルアシスト住まいの保険」の口コミと評判をご紹介中です。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!

商品名 トータルアシスト住まいの保険
保険の見積もり 【PC/スマホで】東京海上日動の火災保険の見積もり

口コミと評判

保険料の口コミ

●●かつて購入した分譲マンションに住んでいた時代の話です。地震保険付きの火災保険に加入する事に決めました。特にどこかメーカーを指定したいわけでもないので、マンションの営業の方にお任せしました。

すると、東京海上火災(現:東京海上日動)がおすすめだということでしたので、そちらに決まりました。内容を確認する事なく判を押しました。当時は、東日本大震災の前であり、それほど地震保険料も高くありませんでした。

その後、生命保険の不払いや算定ミスが世間で話題になった時期がありました。丁度その頃、火災保険会社から「算定を誤っているので金額を返還したい」との申し出がありました。

結局、何のことか調べませんでしたが、約3割近くの保険料が返還されました。マンションの等級などが間違っていたのではないかと思われます。ちなみに、最近の分譲マンションは火災や地震に強く、保険料もかなり割安に思います。

●●今は便利な時代ですね。いろんな損保会社の一括見積もりや、うちの経済状況や住んでいる建物に合った会社をその場で選んでくれる窓口ができたんです。コマーシャルでもやってますね。中立な立場で選んでくれるので、勧誘などもなく嫌な気分にもなりません。その上、なんと無料なんですよ。

近くのショッピングモールの中にできたその窓口に行って、火災保険の相談をしてきました。その担当の方はパソコンですぐ見積もりを出してくれまして、東京海上日動がおすすめとのことで入ることにしました。

個別の損保会社の代理店に行くより、こういうところを利用するほうが絶対良いと思います。うちは次の見直しの時もこの窓口に行って相談したいと思っています。

●●地方銀行で住宅ローンを組んだ際に、銀行担当者の方から紹介された商品が東京海上日動のものでした。

検討していた当初、担当者の方から「火災保険や家財保険は、はっきり言ってどこもそんなに大差はないですよ。こちらでは東京海上日動の商品をおすすめしておりますが、ここだけの話、府民共済で申し込まれた方がずっとお得になりますよ」と教えていただきました。

そこで、府民共済の資料を取り寄せて東京海上日動と比較したところ、保険価格の改定があったようで、府民共済の保険が担当者の方がおっしゃっていたものより割高になっており、同内容の補償の東京海上日動の方がお安くなっていました。そういう経緯で、銀行から提示された東京海上日動の保険商品に加入しております。

地震保険の口コミ

●●マンション購入時に強制的に地震保険に入らされたのですが、東日本大震災でもとが取れてしまいました。年に数千円で、ローン支払い最終年の支払額に相当するぐらいの保険金を受け取りました。家の中の若干のゆがみに我慢すれば、まぁよいのです。保険会社の提示した金額に同意し、それで満足していました。

でも、後でご近所の話を聞いたところ、少しでも地震の被害と思われるところを、保険会社の人にこれでもかと見せつけ、延々と粘ることにより、うちの倍近い金額を引き出したとのこと。

まずは、その場で粘ってみるものらしいです。「あそこもここも、修理にお金がかかる。こんなに困っている…と訴えてみるものだ」と教わりました。家に来られた保険会社の方は、礼儀正しく、良い方のようでしたので、そういったことも言い難かったのは確かです。ですが、そこは割り切るべきもののようです。

●●東日本大震災から二ヶ月ほど経った、ある土曜日のお昼ごろ、保険会社の方が我が家を訪問されました。保険会社に連絡した記憶は無かったのでお尋ねしたところ、我が家のマンションが部分壊にあたると認定されたと返答されました。

マンションの各家庭を回って被害の確認をされているとのことでした。マンションの管理組合から連絡が行ったようでした。幸いなことに我が家の被害は軽微であったのですが、壁にややヒビが入ったところなどをお見せし、安めのテレビ二台分ほどの金額がいただけることになりました。

後で被害の大きかった別の階のお宅にお聞きしたら、軽自動車一台分ほどいただいたお宅もあったとか…。訪問された方は、身分証を見せてくださいましたが、新潟から派遣されて来たとのお話でした(我が家は茨城県)。当時は工事、修理、保険関係については人手不足だったんだなと実感したでき事でした。

●●阪神淡路大震災で、購入して1年半のマンションが被害を受けました。関西でまさか地震が起きるとは思ってもいませんでした。

マンション購入時に保険会社の人も「地震保険は無理に入らなくても、家財保険にだけ入ったらよい」といった対応でした。それで家財保険には入っていたのですが、いざ地震が起きてみると、あたりまえですが、保険金はでませんでした。

被害の程度の判定は「一部損壊」で、義援金の分配にもあずかれませんでした。一部損壊とはいえ、マンション内部の壁が壊れてしまい、修理に約100万円もかかったのです。唯一、コープ共済から1万円程度のお見舞金が出ましたが…。

そして一昨年、マンションを新たに購入しました。先の震災を教訓に、ローンを組むとき銀行の担当者にすすめられた東京海上日動の「住まいの保険(主契約)」と「地震保険」に加入しています。「一部損壊」の場合にも対応していて安心です。契約のときは、クーリング・オフの説明もちゃんとしてくださり、信頼できました。

また、居住県である兵庫県が設立した「住宅再建共済制度」にも加入しています。これには「一部損壊特約」も付けています。災害の多い日本です。多少お金がかかっても、いざというとき役に立つ保険は必要だと考えています。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ