あいおいニッセイ同和損保

更新日:2018年1月13日

あいおいニッセイ同和損保では店舗・オフィス用の保険を「TOUGHBiz ・事業者総合保険」と名付けて販売しています。財物と休業損失と賠償費用の補償が一契約にまとめられるという特徴があります。ちなみに英語の部分は「タフビズ」と読みます。そんな「TOUGHBiz ・事業者総合保険」の口コミと評判をご紹介します。

商品名 TOUGHBiz・事業者総合保険
公式サイトの解説 こちら
同社の他の保険 戸建て向け火災保険
分譲マンション向け火災保険
賃貸住宅向け火災保険

口コミと評判

●●ある店舗の近くで落雷があり、自動ドアが壊れてしまいました。私は店舗を管理する仕事をしていたので、まず火災保険が適用できるのか保険の担当者に連絡をすると、適用できるとのことでした。

必要なものは「自動ドアの修理見積書」と「壊れてしまった自動ドアの写真」と「保険の請求書」でした。写真は、店舗の従業員に撮影してもらいました。そして、自動ドア会社へ連絡し、見積書を作成してもらいました。最後に落雷があった時刻、状況を詳しく請求書に記入しました。

全ての書類をそろえて保険の担当者へ送ると、「大体一か月程度で金額が振り込まれますので、確認をよろしくお願いします」とのことでした。無事修理も終わった頃、保険金額が振り込まれていました。その後それを証明する書類も届き、事務的作業もスムーズに完了しました。

●●私は今、地域自治会の区長をしています。区長の役割として、2009年に建設した公民館の火災保険の加入というものがあります。これまでの保険会社は、前区長の関係者ということでしたが、それだけで良いのかという思いで、契約する保険会社の見直しをすることにしました。

これまでの保険会社の見積もりの他に、知人から紹介されたあいおいニッセイ同和損保の担当者からも見積もりを取ることにしました。電話で約束の時間を決めて、自宅に来てもらい、火災保険の見積もり内容の確認と、その内容で契約をするかどうかを考えることにしました。

その結果、保険の見積もりはほぼ同等というか、新しくとったあいおいの見積もりの金額が高いという結果になりました。とても親切な対応をしてくれましたが、価格が高いので、その時の保険の契約は見送りとなりました。

ただ、とても親切だったのが印象に残ったので、その後の夏祭りの安全保険の際に再度お話をして、そちらではあいおいニッセイ同和損保の保険に入ることにしました。この担当者の誠意と親切が私を決断させました。

●●私は30代で小さな会社の経営者をしている者です。2年前の夏のある日のことでした。オフィスのすぐ隣にある電柱に落雷し、その影響でオフィス内の「電話・エアコン・コピー機」が故障してしまったのです。しかも、電話とコピー機は基盤ごとやられたようで、メーカーの方より修理不能との判断がなされました。

そこで、かねてより加入していた家財保険を使おうと、なじみのあいおい損保の代理店に連絡しました。「ここのとこ同様のケースで保険を使われる方が多いですね~。ではすぐにそっちに行きます。」との返事をいただきました。

そしてしばらくすると、いつもの保険屋さんが来られ、テキパキと状況を記録され「できるだけ早く保険が出るよう手続きいたします」とのことでした。家財保険を使うのは初めてでしたし、手続きが面倒なのかなと不安もあったのですが、笑顔での対応にとても感じが良く「ここの保険に入ってて良かった」と思いましたね。

そもそも家財保険に入ったきっかけは、保険屋さんの「床上浸水による大型家電の故障に困られている会社さんが近くにいっぱいありますよ」との一言からでした。私のオフィスもすぐ隣が川で、洪水が起きないとも限らない感じだったからです。

結果、落雷での支払でしたので洪水ではないですが、普段加入している火災保険だけでは家電の補償はありませんので、大変助かりました。コピー機なんて高額ですぐに買いなおすことができません。家財保険は重要だと感じています。

●●所有の集合住宅や事業用に貸している物件がありますので、それぞれ建物と家財の保険に加入しております。

主人の親から、保険の代理店の担当者の方を紹介されました。加入して以来、担当の方が更新時に家に来てくださり、よく顔を合わせます。その都度、お話ししたり保険の範囲の変更についてなど、相談できることが安心材料です。

また、電話でわからないことを聞く際も、何度も同じことを聞いてしまったり、難しくて理解しがたいことも、根気よく説明してくださいました。新しく別の建物に加入したい場合もすぐに申込書を持って来てくださるので、対応がスムーズだといつも思っています。

業務用のクーラーの室外機が盗まれてしまったり、窓ガラスを割られたり、門扉を壊されたりする被害が、複数の所有物件で立て続けに起こった年がありました。

警察にすぐ通報して被害届を出さなくてはいけないのですが、盗難に遭った現場のチェックも所有者として立ち会いをしなくてはなりませんでした。初めてのことで大変不安でいましたが、保険担当者の方も時間がある時は現地まで来て、一緒に現場検証に立ち会ってくださいました。

補償を受けることなんてそんなに無いだろうと、どこか他人事と思っていましたが、実際に何かあって、初めて頼れる人がいること、相談できること、補償が受けられることを有難く思いました。たくさんの被害に遭いましたが、最小限で済んだかなと思っています。

●●店舗あらしにあったことがあります。その時に、店内の商品の盗難とレジを壊されて現金(つり銭)が盗まれました。保険に入っていて本当によかったと思ったのが、商品の補てんはもちろん、壊されたレジなども補てんしてもらえたことです。レンタル商品だったので、それを返品するとかなり高額になることが予想でき、保険で補てんしてもらえてとても助かりました。

幸いにも店舗の鍵や窓などは壊されなかったので、それほど損害を受けた部分は少なかったのですが、保険に入っておくとかなり安心だと思いました。

何よりも精神的な苦痛が大きいので、そんな時に壊されたものの心配や、店舗の営業にも支障がでることを考えると、入っておくとかなり便利だと思います。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ