東京海上日動

更新日:2018年1月13日

東京海上日動では店舗・オフィス用の保険を「企業総合保険」と名付けて販売しています。一般の火災保険に近い財産補償条項というタイプと、各種自然災害や偶発的な事故が原因で発生した休業による損失を補償してくれる休業補償条項というタイプがあります。そんな「企業総合保険」の口コミと評判をご紹介したいと思います。

商品名 企業総合保険
公式サイトの解説 こちら
同社グループの他の保険 戸建て向け火災保険
分譲マンション向け火災保険
賃貸住宅向け火災保険

口コミと評判

●●火災保険の加入について、いろいろな経緯で加入されることがあります。賃貸マンションを借りる時は、管理会社から火災保険加入を勧められることがありますが、こちらから保険会社を選別することは難しく、管理会社と取引している保険会社の火災保険に加入することが多いです。

会社を経営していたり、飲食店などのお店をやっているところは、自分で保険会社を選別することができますので、火災保険について比較検討することができます。

月々の保険料、保険金額、補償内容など、現状を踏まえながら、どれを重視して加入するかを検討できるメリットがありますので、紹介や付き合いから、いろいろな話を聞いた上で、火災保険に加入するという事が多いです。

●●私が所有している賃貸物件は、まだ日動火災であったころからこちらの保険会社にお世話になっていました。一度だけ補償を受けたことがあります。

補償された賃貸物件は貸工場でありましたが、放火の被害にあったのです。幸い工場がやっていなかった夜中のでき事であり、工場全体ではなく、工場の一部である事務所が焼失しただけで人的被害はありませんでした。

現場検証の結果、放火ということがわかりましたが、事務所ということもあり、早く再建することが求められたのです。

火災保険全体的に言えることなのでしょうが、保険会社の担当者と面談してから、結構早く保険金がおりてきたことはありがたいことでした。しかし、建物の古さなども関係していたのか、新築物件の半分くらいしか保険金はおりてきませんでした。

●●私の実家は3階建てです。自営業をしているので自宅兼お店となっていました。ですが、雑貨屋であるお店を閉めたので、イタリアンレストランをしたいというオーナーに物件を貸すことにしました。

でも、自宅もすぐ後ろにあるので、火を使う飲食店が入るのはいささか不安でした。そのため、あちらにも火災保険にはきちんと入ってもらい、私たちも入りました。

オープンして一週間、ピザを焼く窯が壊れてしまって火が広がり、ボヤ騒ぎが起きました。結局すぐに消火されましたが、私の実家の壁が黒く焼け焦げてしまいました。ガラスの窓も一枚割れました。東京海上日動さんに相談したところ、火災保険に入っていたので、保険金がおりるとのことで安心しました。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ